地元福岡で債務整理|多重債務者の借金整理|過払い金請求をお手伝いします

債権者は行方不明の債務者の住民票を定期的に調査している

 
戸籍法第10条の2(第三者による戸籍謄本等の交付請求)
自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するために戸籍の記載事項を確認する必要がある場合 権利又は義務の発生原因及び内容並びに当該権利を行使し、又は当該義務を履行するために戸籍の記載事項の確認を必要とする理由を明らかにして請求することができます。

 

 住民基本台帳法第12条の3(本人等以外の者の申出による住民票の写し等の交付)
自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するために住民票の記載事項を確認する必要がある者は相当の理由を示して請求することができます。

債務者が住民票を異動すると、債権者から請求がきます。
債権者は役所の窓口で借用書等を提示することにより、債務者の住民票を取得できます。
 
上記の戸籍法、住民基本台帳法の規定により、自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するために必要がある者は相当の理由を示して戸籍、住民票を請求することができます。
 
債権者は債権回収のためや債務者死亡による相続人調査等のために住民票・戸籍等を役所から取得することが出来ますので、住所を異動していれば住所をつきとめることができます。
 
 
債権者は行方不明の債務者の住民票を定期的に調査しています。