福岡で債務整理|個人再生・自己破産・任意整理の相談

福岡で債務整理 個人再生/自己破産/任意整理

司法書士、行政書士、土地家屋調査士斉藤渉

司法書士斉藤事務所 司法書士斉藤渉
福岡県司法書士会員登録番号  福岡第668号
簡裁代理業務認定番号  第429006号

 

福岡市南区高宮5丁目3番9号 エルソール高宮2F 
TEL 092-400-7600

 

e-mail saitou-office@beetle.ocn.ne.jp

 

岡市及び近郊の方で借金の返済でお悩みなら、手持ち金がなくてもご相談・手続き開始をいたします。

 

福岡市南区西鉄高宮駅西口前 司法書士斉藤事務所を気軽にご利用ください。スピーディーに秘密厳守で対応させていただきます。

 

債務整理の一例

 

個人再生

 

任意整理

 

ギャンブル、浪費による借金の方でも利用できます

住宅ローンはそのまま支払いを継続して、他の借金を8割カットしてもらいます

 

 

実例

 

浪費       890万円 → 180万円に減額  
パチンコ   600万円 → 120万円に減額   
飲食、旅行 390万円 → 100万円に減額

 

返済期間を長くして、将来利息をカットしてもらう手続きです
毎月の返済金額が減少します

 

 

実例 

 

3社200万円 月支払い合計 8万円  ⇒3万円

 

    

 


債務整理相談のご予約方法

ご相談者様の都合が良い日時を気軽に下記の電話番号・メールアドレスにご連絡ください。初回1時間程度の無料相談となります。

 

TEL 092-400-7600

 

e-mail saitou-office@beetle.ocn.ne.jp

 

ご相談の範囲

 

自己破産/個人再生/任意整理/消滅時効援用等の債務整理全般
住宅ローンがある場合の債務整理

 

 

過払い金の回収について

 

面談時必要なもの

 

最初の面談・申し込みの時には、お金は一切かかりませんが身分証明書・カードなどの借入先がわかるもの・通帳・認印をご準備ください。

 

斉藤事務所はここが安心です

 

・経験と解決実績が豊富です
・迅速対応で取立てストップ・支払い停止
・着手金・減額報酬・成功報酬・追加料金なしの明瞭料金
・お急ぎの方には即日対応します
・初期費用が無料なので、現在お金が無くても債務整理を開始できます
・費用は7回迄の分割払い可能です
・ご依頼者の債務整理のご希望を最優先します
・公的書類を代行取得しますので、昼間に役所に行かなくて済みます
・ワンストップサービスをご提供します。


司法書士の他に行政書士・土地家屋調査士・宅建士・2級FP技能士の資格がありますので相続での借金問題、借金が原因の離婚手続き、不動産をお持ちの方の借金整理等幅広く対応させていただきます。

 

「もっと早く相談しとけばよかった」とのお声をよくいただきますように債務整理・過払い金問題は早めの相談と手続き開始がベストです。

 

過払い金の請求でも「完済してから手続きしよう」とお考えの方もいらっしゃいますが、消滅時効により請求できなくなる部分も出てくることがあります。また支払わなくてもいいお金を多く支払うことになったりします。利息の計算をして払い過ぎになっていれば、ブラック情報に載ることはありませんので、すぐにご相談ください。

 

次の方はすぐに債務整理を開始しましょう
返済のために借り入れをしている自転車操業の方
今月支払えそうにない方

 

次の方は債務整理を検討しましょう
滞納しがちな方
借金が年収の3分の1以上の方
返済してもなかなか借金が減らないとお感じの方


債務整理を始めることで

司法書士、行政書士、土地家屋調査士斉藤渉

借金の返済苦を債務整理で解決

 

高利の借金を数多く抱えてしまえば、いくら頑張ってもなかなか返せるものではありません。何もしなければ雪だるま式にどんどん借金が増えていくことにもなります。

 

消費者金融、クレジット、住宅ローンなどの多重債務による返済苦で将来に希望が持てないのは大変つらいことです。

 

しかし債務整理で元金減額、利息カットができ,返済は楽になります

 

当事務所の債務整理は、次の5つの方法で行っています。

@任意整理
 返済回数、毎月の返済金額、利息カット等を相手業者と任意に交渉します

A個人再生
  裁判所手続きで返済金額を原則8割カットしてもらい原則3年で返済します。住宅ローンがある方は住宅を手放さずに済みます。

B自己破産
  支払い不能の方は、 裁判所手続きで返済義務を全て免除してもらえます。

C消滅時効援用
 内容証明郵便などで時効期間の満了による支払い義務の消滅を主張します。

D利息制限法による利息の再計算
   過去の取引を利息制限法の利率で再計算して元金を減額します、過払いであれば過払い金請求手続きを行います
債務整理を始めることは難しくありません。
司法書士、弁護士に一度依頼してしまえば、決められた手続きに從っていけば大きな負担もなく完了します。

 

債務整理を始めることで完済の目途がたち、借金の支払い苦から解放されます。毎月の支払いも今より大幅に少なくなります。

 

債務整理開始により、貸金業者から自宅や会社に連絡が来なくなります。精神的にゆとりができますし、生活も穏やかなものになります。

 

 

福岡市の司法書士斉藤事務所は債務整理10年以上の経験がある事務所です。費用分割支払いで開始できますので、現状より支払いが多くなる心配はありません。全力でサポートしますので、一度気軽に電話してください。

 

債務整理の開始
面談
債務整理を開始するには、司法書士との面談と手続きのご依頼が必要です。面談の結果、手続きを依頼しない場合でも、面談料等の支払いは一切必要ありませんので、お気軽にご利用ください。
債権調査
業務ご依頼後は、ご依頼者の取引先に対して受任通知とともに、過去の取引の履歴を当事務所から請求します。この費用も当事務所負担です。信用情報に載ることが怖い方は、ご自分で請求していただくことになります。到着した取引履歴を利息制限法の利率で引き直し計算をして、現在の正確な債務残高を把握します。
費用の分割支払い
債務整理費用を一括で払えるご依頼者の方はほとんどいらっしゃらないので、費用は分割払いをお願いしています。業者からの訴訟・差押えの危険もありますのでなるべく早めの支払いをお願いしていますが、現状より支払いが増えることは少ないと思います。
手続きの選択
計算の結果債務が残った場合にはご依頼者の支払い能力により、任意整理、自己破産、個人再生などの手続きの中で最適な手続きを進めてまいります。
消滅時効を主張できる場合は、内容証明郵便を金融業者に送ります。
過払い金がある場合は交渉、訴訟で返還請求を行います。

 

 

債務整理のデメリット

 

・個人再生、自己破産手続きでは、官報に住所氏名が掲載されます。官報を見る人はほとんどいませんから一般の人はあまり関係ないと思われますが、住所氏名が載ることで闇金からの勧誘もありますので注意が必要です。

・自己破産では、申立てから免責決定までは、特定の職業(主にお金を扱う職業)につくことができません。任意整理、個人再生ではこのような制限はありません。

 

・任意整理、個人再生、自己破産に共通することですが、信用情報に登録されます。新たにカードを作れなくなります。カードを作れなくなることで、現金による生活になります。しかしカード依存から脱却できるかもしれませんし、カードが使えなくなることを本人・家族の方が希望される事もあります。

※過払い金請求は信用情報に登録されません。
ブラックが怖い方の任意整理・過払い金請求の方法


消費者金融などで高利の借入を10年以上払い続けていれば、利息制限法で引き直し計算すれば、ほとんどの場合次のようになります。

@借入金が減額になる
A借入金がゼロになる
B払い過ぎでお金が返ってくる

上記のABの場合は任意整理を始めることでブラック(信用情報に登録)になることはありませんが@の場合にはブラック(信用情報に登録)になってしまいます。

どうしてもブラックになることを避けたい方は、自分でローン会社より取引履歴を取り寄せてください。取引履歴は申し出があれば交付する義務がありますので簡単に取り寄せできます。取り寄せた取引履歴を当事務所に持ち込んでいただければ、上記の@ABのどれに該当するか無料で計算させていただきます。

@に該当する場合はそのまま支払いを続けて、完済後に過払い金返還の請求をすればブラックになりません。
ABに該当する場合は任意整理をすることで支払い義務がなくなるか、過払金の返還請求ができます。


債務整理の種類・方法

債務整理は法律による借金整理手続きです。債務整理手続きは任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求並びに消滅時効の援用が一般的な債務整理の手法となります。

 

 

 

各社から取引履歴を取得後、利息制限法による引き直し計算をします。
計算の結果、過払となっている業者も出てきますが、その業者に対しては過払い金返還の請求をします。

 

 

各債務整理手続きの引き直し計算後の債務のカット率は次ぎのとおりです。

任意整理  原則    0%
個人再生 原則   80%
自己破産 原則  100%
消滅時効援用 原則  100%
過払い金請求 過払いであれば借金は0になり、過払い金返還請求ができます

 

任意整理は貸金業者と司法書士、弁護士との話し合いで解決します。任意整理は手続きとしては簡略ですが債務のカットがほぼありません。任意整理を行うには返済原資が必要ですので、300万円以上の借り入れがある方は、債務整理の方法として利用できないことが多いです。

 

自己破産、個人再生は裁判所を通して手続きを進行しますので債務のカット率が大きく生活の再建を果たすことは容易です。但し、裁判所の厳格な手続きとなりますので、提出書類も多くなり、時間もかかります。

 

それぞれの手続きに条件やメリット・デメリットがありますので、先ずはご依頼者のお話を詳しくお聞きすることから始めさせていただきます。ご依頼者のご希望が第一優先ですから、債務整理を開始してからの方針変更もできます。

 

債務整理ご依頼後
債務整理をご依頼いただきましたら、先ず当事務所から各債権者宛に受任通知を発送いたします。受任通知発送後は取り立ては止まります。
返済も一時的にしなくてよくなりますが、当事務所では手続き開始前までに費用の積み立てをお願いしています。

 

 

債権者から後日過去の取引の履歴が送られてきますので、利息制限法で再計算します。

 

すべての債権者の計算を終えて、ご依頼者との協議のうえ、任意整理か個人再生か自己破産かの方針を決定します。

 

消滅時効の援用が出来る場合は、債権者に通知します。

 

過払い金が発生している債権者に対しては過払い金返還請求を、訴訟又は交渉により行っていきます。

 

債務整理手続き費用

任意整理・自己破産・個人再生・消滅時効援用・過払い金返還請求の報酬
斉藤事務所は現在の手持金が無くても受付します。
費用は6回程度の分割払い可能です
※消費税及び手続きの実費は別途いただきます

相談料 無料
出張面談料 無料
取引履歴取寄せ引直し計算 無料
任意整理


1社あたり3万円

相手方との合意ができないときは、費用は0円

1社のみのご依頼の場合は、1社4万円

自己破産


基本料金15万円

債権者1社につき2万円加算

個人事業者は5万円加算

※管財事件となる場合は裁判所の予納金22万円〜が必要になります

個人再生


・住宅ローンがない場合 基本料金20万円

 債権者1社につき2万円加算

・ 住宅ローンがある場合 基本料金25万円

 債権者1社につき2万円加算

個人事業者は5万円加算

※場合により再生委員費用15万円が必要な時があります

消滅時効援用

1社あたり2.5万円
債権回収会社、裁判所からの書類到達後の対応は
3万円

過払金の返還

返還額の10%
最低報酬を3万円とさせていただきます
訴訟により過払金の返還があった場合
過払い金として返還された金額の19%
出廷1回につき 1万円